HOME > 加工技術紹介

加工技術紹介

無限∞プレス
 
 

高精度難加工形状品の加工例

オフセットフィン

オフセットフィン

材質
SUS
 
従来の課題
顧客の設計した商品を製品化する為には必要不可欠な部品でしたが、絞り加工及び切り曲げ加工の複合形状の連続加工品であり、従来のプレス加工の概念では成形不可能でした。
 
当社新技術
順送プレスにてSUS材での製品化を実現し、日本で初めて製品化及び量産化に成功いたしました。
 
 
電極

電極

材質
Ni
 
従来の課題
真円度を確保した円筒形内にV字の羽根がある形状でした為、通常のプレス加工の工法では成形及び真円度等の精度を出すことが困難であり、2点の部品から構成するしかありませんでした。
 
当社新技術
順送プレスにて0.1mm以内の真円度を確保し、円筒形内にV字形の羽根を設けることにも成功し、部品点数の削減を実現いたしました。
 
 
プラグ

プラグ

材質
SUS
 
従来の課題
順送プレスの製品送りで必要となる材料の製品つなぎ部を設けることが困難な形状の為、単発プレスによる少量生産でしか対応出来ませんでした。
 
当社新技術
順送プレスでの加工を実現し、低コスト化及び大量生産化に成功いたしました。
 
 
 
キャップ

キャップ

材質
Ni
 
従来の課題
絞り側面から底面にかけてスリットがあり、従来のプレス加工法ではスリット形状が変形してしまい、寸法精度を確保して成形することが困難でした。
 
当社新技術
順送プレスでの加工を実現し、高精度に側面から底面にかけたスリットを確保した絞り加工に成功いたしました。
 
 
イメージ

機構部品

材質
SUS
 
従来の課題
A面に対してB面の平行度が0.1mm以内にて加工する必要がありましたが、A面とB面をつなぐ部分には4回の曲げ加工があり、精度を確保出来ませんでした。
 
当社新技術
順送プレスでの加工を実現し、1回の曲げ精度を0.02mmレベルでの加工を実現し、高精度化に成功いたしました。
 
 
 
 

精密微細加工品の加工例

 
極小クリップ

極小クリップ

材質
BeCu
 
従来の課題
製品の小型化に伴い、板厚0.06mmの材料に高精度の抜き加工及び曲げ加工をする必要があり、プレスでの加工が困難でした。
 
当社新技術
順送プレスにて寸法公差±10〜50μmの高精度な製品化を実現し、製品の小型化に成功いたしました。
 
 
フィルター

フィルター

材質
SUS
 
従来の課題
一円硬貨の1/6の範囲内に120個以上の穴あけを行う微細加工である為、従来エッチング加工で対応していましたので、高コストでした。
 
当社新技術
順送プレスにてプレス加工することに成功し、従来の1/10の低コスト化を実現しました。従来より環境にやさしい加工方法への切り替えに成功いたしました。
 
 
イメージ

バリレス加工品

材質
各種
 
従来の課題
板厚0.1mm以下の薄い材料をプレス加工すると大きなバリが生じてしまい、後工程にてバレル研磨処理でのバリ取りを必要とし、プレス加工での製品検討の弊害になっていました。
 
当社新技術
プレス加工にて板厚0.1mmの材料に抜き加工をしても、10μm未満のバリに抑えることを実現し、板厚0.02mmの材料への 抜き加工では、顕微鏡でも判別出来ないレベルのバリに抑えることに成功いたしました。
 
 
イメージ

ケース

材質
SPC
 
従来の課題
エッジから0.3mmの部分に溶接用のプロジェクションが必要あり、通常の絞りプレス加工法では成形困難でした。
 
当社新技術
0.3mmの金型部品の製作を実現し、順送プレス加工にて製品化に成功いたしました。
 
       
 
 

難加工材加工品の加工例

 
イメージ

アンテナコア

材質
コバルト系アモルファス合金
 
従来の課題
材質がアモルファス合金であり、高硬度のため、プレス加工での連続加工が困難でした。
 
当社新技術
超高精度金型の製作に成功し、高硬度材の連続加工を実現いたしました。
 
 
イメージ

端子

材質
SUS-Cuクラッド
 
従来の課題
素材がSUSと銅のクラッド材であり、表面と裏面で曲げ特性も異なるため、高精度加工及び成形が困難でした。
 
当社新技術
順送プレス加工にて高精度抜き曲げ加工に成功し、特殊材の高精度加工を実現いたしました。
 
   
 
 

複合加工品の加工例

 
イメージ

プレス加工+レーザー溶接

材質
コバルト系アモルファス合金
 
従来の課題
薄板プレス品の積層固着は接着剤などによる生産性の低い方法でしか実現できませんでした。カシメなどによる積層固着は薄板には適用付不可でした。
 
当社新技術

生産性向上と品質向上、さらには金属特性を変えることなく、プレス品をレーザー溶接にて20枚積層固着することに成功いたしました。

 
 
   
 
 

※順送プレス:複数の工程数分の複数の金型により加工するのでなく、単一の金型に材料を自動で送り、プレス機1ショット毎に完成品を自動的に作り出すプレス加工法です。

 
お問い合わせフォーム
 
  • 営業秘密管理体制
  • 環境への取り組み
  • よくあるご質問

アクセス

本社外観
 
本社:
〒213-033
神奈川県川崎市高津区下作延2-34-21
MAP
 
山形工場外観
 
山形工場:
〒991-0061
山形県寒河江市中央工業団地159-2
MAP
無題ドキュメント